What we do

Focus: At kitamuraLaw, the focus of practice has been on legal issues with policy and scientific angles which Japanese economy faces in life sciences, technology and communications products and services. Our blog gives a flavor of what we do.

We managed and enabled a number of innovative attempts to penetrate into and/or create markets. Ongoing issues also arise in these markets in the context of compliance, shifts in regulatory or societal expectations. We have assisted executives to manage the process successfully on many occasions.

Strengths; We are dynamic, analytical and process-oriented. When legal principles lack transparency, conflicts and difficulties are inevitable. Policy is even less transparent and is subject to changes. For anyone, decisions, either personal or business, lead to a variety of unpredictable consequences. Being dynamic means we always keep digesting new discoveries and think ahead. in this process of thinking, we fully apply our analytical capabilities. Our blog is collection of our continuous learning and thinking. Analysis of law and public policy directions and updating scientific input are essential components of our practice.

This approach leads us to consider our actions and the clients’ actions as a optimizing process, under given constraints and resources. Of course, it would be ideal if the given legal/business issues can be resolved as they are. It is not impossible; as our history testifies to. On other occasions, we will not hesitate to explore and propose best alternative options, which may have to be revisited dynamically with the help of further analytical input.

.Law, Policy and Science; In sum, we provide solutions to legal issues and challenges which arise in the context of policy, and we do so through analytical approach anchored in science. Our practice is a dynamic and continuous process, as science is.

主要分野 当事務所の主要分野は日本が直面する、公共政策と科学に関連する法的問題、特に生命科学、テクノロジー、コミュニケーション関連の製品とサービスをめぐる問題点です。当事務所はこれまで日本市場に参入し新規市場を生み出そうとする数々の革新的なチャレンジを成功に導いてきました。またこういった製品とサービスではコンプライアンスや社会の期待の変化に伴う課題が継続的に生じます。当事務所は課題に直面した経営者を支え、多くの課題で成功裏に対応プロセスを管理してきました。

能力 当事務所の強みは、ダイナミック、アナリティカル、かつプロセス指向です。法律の原則が不透明であれば紛争と諸困難を回避することはできません。政策はさらに不透明である上に変更が通常です。このため、個人的な判断もビジネス上の判断も予測困難な結果に至りがちです。当事務所のダイナミックな取り組みとは、常に新しい知見を吸収し、他に先んじて思考し続けることです。この過程で当事務所のアナリティカルな能力を最大限に発揮します。その成果の一部はブログにあります。このように法と公共政策の動向を常に分析し、科学的インプットを更新し続けることが当事務所のプラクティスの根幹です。

このアプローチから、当事務所は、その対応とクライアントの行動とを、制約と資源の下で最適化するプロセスととらえています。もちろん法的なビジネス上の課題がただちに解決できれば最善です。そしてそれは当事務所の実績が示すとおり可能です。そうでない場合当事務所はただちに代替案を検討、提案し、さらにアナリティカルなインプットの下ダイナミックに見直して行きます。

法、公共政策と科学 当事務所の使命は公共政策に関連して生じる法的な課題と挑戦にソリューションをもたらすことです。そのためには科学に基礎を置く分析的なアプローチが必須です。当事務所のプラクティスは科学がそうであるように、ダイナミックかつ継続的なプロセスです。